影の現象学

河合隼雄 著

影はすべての人間にあり、ときに大きく、ときに小さく濃淡の度合を変化させながら付き従ってくる。それは、「もう1人の私」ともいうべき意識下の自分と見ることができる。影である無意識は、しばしば意識を裏切る。自我の意図する方向とは逆に作用し、自我との厳しい対決をせまる。心の影の自覚は、自分自身にとってのみならず、人間関係の上でもきわめて重要であり、国際交流の激しくなってきた今日においてはますます必要である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 影(影のイメージ
  • ユングの「影」概念
  • 影の種々相)
  • 第2章 影の病い(二重身
  • 二重人格
  • 夢の中の二重身)
  • 第3章 影の世界(暗黒
  • 不可視の影
  • 地下の世界)
  • 第4章 影の逆説(道化
  • トリックスター
  • ストレンジャー)
  • 第5章 影との対決(自我と影
  • 影との対話
  • 影と創造性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 影の現象学
著作者等 河合 隼雄
書名ヨミ カゲ ノ ゲンショウガク
書名別名 Kage no genshogaku
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1987.12
ページ数 316p
大きさ 15cm
ISBN 4061588117
NCID BN03801045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88013391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想