大学院素粒子物理  1

中村誠太郎 編

平易にわかる、素粒子物理の「これまで」と「これから」。素粒子物理はどこへ行くのか?現代素粒子論の発展と歩みを共にしてきた第一級の物理学者の手で、物質の窮極にいどむ人知の最前線を鳥観する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 素粒子物理学の地平
  • 2章 場の量子論による素粒子の記述
  • 3章 標準模型
  • 4章 量子電磁力学の精密テスト
  • 5章 時空の対称性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学院素粒子物理
著作者等 中村 誠太郎
中西 襄
南部 陽一郎
政池 明
木下 東一郎
牧 二郎
書名ヨミ ダイガクイン ソリュウシ ブツリ
書名別名 素粒子の基本的性質

Daigakuin soryushi butsuri
巻冊次 1
出版元 講談社
刊行年月 1997.3
ページ数 288p
大きさ 22cm
ISBN 4061532243
NCID BA29967697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97040318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想