ゴールキーパー論

増島みどり 著

「防御こそ最大の攻撃」-。サッカーから水球まで、最後方でチームを支える守護神たちの「肉体と精神」「栄光と孤独」を語り尽くす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ「GK」なのか
  • 第1章 サッカー-ディド・ハーフナーの「球体の手」
  • 第2章 ハンドボール-橋本行弘の「空間占有論」
  • 第3章 アイスホッケー-春名真仁の「蝶の構え」
  • 第4章 ホッケー-高橋潤の「勇気という名の才能」
  • 第5章 水球-水谷真大の「水空二次元の世界」
  • 第6章 異種GK対談 ディド・ハーフナーvs.春名真仁
  • 終章 松永成立「最後尾からの風景」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴールキーパー論
著作者等 増島 みどり
書名ヨミ ゴールキーパー ロン
書名別名 Gorukipa ron
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2001.2
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 4061495399
NCID BA50658637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20160049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想