考える脳・考えない脳 : 心と知識の哲学

信原幸弘 著

心とは何だろうか。最新の科学が示すように脳の興奮にすぎないのか。では無意識や直観はどうなる?緻密に展開する新しい「心の哲学」の世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 心と脳をめぐる問題
  • 第1章 古典的計算主義
  • 第2章 コネクショニズム
  • 第3章 直観のメカニズム-意識と無意識
  • 第4章 フレーム問題-知識の組織化
  • 第5章 心のありか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考える脳・考えない脳 : 心と知識の哲学
著作者等 信原 幸弘
書名ヨミ カンガエル ノウ カンガエナイ ノウ : ココロ ト チシキ ノ テツガク
書名別名 Kangaeru no kangaenai no
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2000.10
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4061495259
NCID BA48803416
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20120485
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想