赤ん坊から見た世界 : 言語以前の光景

無藤隆 著

その目に映るものは何。なぜ知識もなく複雑な文化世界に入れる。物理を理解し、言語以前の思考ができる、謎と魅力にみちた、人間の「原型」に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生きる力の始まり(赤ん坊のもつ力
  • 人間の顔が現れる
  • 物の世界が成立する)
  • 第2部 世界が広がりはじめる(基本感情の誕生
  • 「親しさ」から何が生まれるか
  • 移動すれば世界が変わる
  • 指さしという不思議な行為
  • 情報としての表情)
  • 第3部 目の前の世界を越えて(言語以前の思考
  • 新鮮な世界への歓び)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤ん坊から見た世界 : 言語以前の光景
著作者等 無藤 隆
書名ヨミ アカンボウ カラ ミタ セカイ
書名別名 Akanbo kara mita sekai
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1994.5
ページ数 264p
大きさ 18cm
ISBN 4061492020
NCID BN1072947X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94053319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想