NICS : 工業化アジアを読む

涂照彦 著

Newly Industrializing Countries-台湾・韓国・シンガポール・ホンコンは、世界の経済構造を揺るがす四つの龍である。先進諸国に「衝撃」を与えた成長の要因は、「後発性利益」と「儒教倫理」だけなのか。本書は、為替改革、私金融、日・米との結びつきに焦点をあて、アジアニックスの動態を分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 アジアニックスをみる目
  • 1 輸出をテコに急成長
  • 2 ニックス化の原動力
  • 3 ニックス化への変容
  • 4 国境を越える高利貸
  • 5 都市経済国家の成り立ち
  • 6 ニックスの工業技術力
  • 7 世界の中のアジアニックス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 NICS : 工業化アジアを読む
著作者等 涂 照彦
〓 照彦
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1988.2
ページ数 259p
大きさ 18cm
ISBN 4061488899
NCID BN02438835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88025683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想