きみを守るためにぼくは夢をみる  3

白倉由美 著

アカシアの緑の葉の揺れる道で、ぼくは名も知らぬ花の香りに導かれる。花の香りとともにぼくのもとに"妹"が訪れる。水が青く染まるように、ぼくは少女と帰れない旅にでる。きこえないものがきこえ、みえないものがみえる不思議な美しい少女の詔によってぼくは魔法の呪文を手にいれる。ぼくたちの初恋は鈴の音が聞こえる月の下にまだ眠っているのだろうか-。白倉由美×新海誠の魅惑のコラボレーション、第三弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 きみを守るためにぼくは夢をみる
著作者等 白倉 由美
書名ヨミ キミ オ マモル タメ ニ ボク ワ ユメ オ ミル
シリーズ名 星海社文庫 シ1-03
巻冊次 3
出版元 星海社 : 講談社
刊行年月 2012.5
ページ数 264p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-138932-8
全国書誌番号
22070405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想