きみを守るためにぼくは夢をみる  2

白倉由美 著

新しい季節が水晶のようにやってくる。そこは深く、暗く、迷いやすい森だった。誰もが一度は通る場所さ、と大人たちは気軽にいうけれど、彼方の空に星を数えて、ぼくはひとりで歩いていかなければいけない。ぼくの純粋な意味での子どもの時代は終わった。でもぼくはまだ完全な大人とはいえない。ぼくたちが未来に持っていけるのは、きみとの優しい思い出だけ。ぼくときみの初恋はふたたびめぐりあうことができるのだろうか-。白倉由美×新海誠の魅惑のコラボレーション、第二弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 きみを守るためにぼくは夢をみる
著作者等 新海 誠
白倉 由美
Urbanowicz, Mateusz
書名ヨミ キミ オ マモル タメニ ボク ワ ユメ オ ミル
書名別名 Kimi o mamoru tameni boku wa yume o miru
シリーズ名 星海社文庫 シ1-02
巻冊次 2
出版元 星海社 : 講談社
刊行年月 2011.11
ページ数 262p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-138922-9
NCID BB23121956
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22011995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想