日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?

今野晴貴 著

いま、若者を食いつぶすブラック企業がはびこり、20代・30代の過労死や過労自殺が社会問題になりつつある。なぜ奴隷でもないのに死ぬまで働くことになるのか?非正規雇用になるのも過労で鬱になるのも、すべては「自己責任」なのか?経済成長ばかり叫ばれるが、どれだけ成長したら労働環境はマシになるのか?「日本には、過労死するほど仕事があって、自殺するほど仕事がない」と誰かが言ったが、本当にその通りだ。何かが、決定的におかしい。日本はいったいなぜ、こんな異常な国になってしまったのだろうか?本書では、日本の苛酷労働・違法労働の発生原因を一から探り、どうすれば私たちの力で労働環境を良くすることができるのか、その可能性を提示していく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「サービス残業」は、なぜなくならないのか?
  • 第2章 労働法は「強い人」だけのものか?
  • 第3章 労働組合の仕事は、「春闘」なんかじゃない
  • 第4章 日本の労働こそが、世界一「資本主義」
  • 第5章 「違法労働」の歴史と構造
  • 第6章 苛酷な労働、そして社会をどうやって「変える」のか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?
著作者等 今野 晴貴
書名ヨミ ニホン ノ ロウドウ ワ ナゼ イホウ ガ マカリトオル ノカ
書名別名 Nihon no rodo wa naze iho ga makaritoru noka
シリーズ名 星海社新書 32
出版元 星海社 : 講談社
刊行年月 2013.4
ページ数 283p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-138532-0
NCID BB12366973
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22246385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想