キヨミズ准教授の法学入門

木村草太 著

山の上の高校に通う2年生の僕は、放課後に寄り道した喫茶店「赤ひげ小人」で、近所にある港湾大学のキヨミズ准教授と出会う。大学で「受講生0人の法学入門」を受け持つ少しヘンなその先生は、お願いもしてないのに、法的思考のすばらしさを高校生相手に嬉々として語り出して-。「高度な内容を分かりやすく」を信条に首都大学東京で教鞭をとる若手憲法学者が、進路に迷う高校生や法学に拒絶反応を示す文学部生にも分かるように、物語の手法を用いて生き生きと、そして最高に面白く語る「日本一敷居の低い法学入門」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • Prologue 疲れる通学路から始まる物語
  • 1 赤ひげ小人のハン社会人たち
  • 2 急坂の上の動物園で社会科学を語る
  • 3 清かにわたる風の学校に、現代日本法の講義が来る
  • 4 青春の文化祭に、法解釈の神髄を見た
  • 5 サマーナイトオープンキャンパスで法学教育を語る
  • 6 話は古代ローマにさかのぼる
  • Epilogue 重力の存在を忘れるほど楽しい

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キヨミズ准教授の法学入門
著作者等 木村 草太
書名ヨミ キヨミズ ジュンキョウジュ ノ ホウガク ニュウモン
書名別名 Kiyomizu junkyoju no hogaku nyumon
シリーズ名 星海社新書 25
出版元 星海社 : 講談社
刊行年月 2012.11
ページ数 291p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-138527-6
NCID BB1093884X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22175257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想