武器としての決断思考

瀧本哲史 著

本書は、著者がいま、京都大学で二十歳前後の学生に教えている「意志決定の授業」を一冊に凝縮したものです。今後、カオスの時代を生きていく若い世代にいちばん必要なのは、意思決定の方法を学ぶことであり、決断力を身につけることです。もう過去のやり方は通用しないし、人生のレールみたいなものもなくなってしまいました。「答え」は誰も教えてはくれません。となれば、自分の人生は、自分で考えて、自分で決めていくしかないのです。仕事をどうするか、家庭をどうするか、人生をどうするか?この本で私と一緒に「自分で答えを出すための思考法」を学んでいきましょう。きっと、あなたの人生を変える授業になるはずです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 「武器としての教養」を身につけろ
  • ガイダンス なぜ「学ぶ」必要があるのか?
  • 1時間目 「議論」はなんのためにあるのか?
  • 2時間目 漠然とした問題を「具体的に」考える
  • 3時間目 どんなときも「メリット」と「デメリット」を比較する
  • 4時間目 反論は、「深く考える」ために必要なもの
  • 5時間目 議論における「正しさ」とは何か
  • 6時間目 武器としての「情報収集術」
  • 7時間目 「決断する」ということ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武器としての決断思考
著作者等 瀧本 哲史
書名ヨミ ブキ ト シテノ ケツダン シコウ
シリーズ名 星海社新書 1
出版元 星海社
講談社
刊行年月 2011.9
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-138501-6
NCID BB06890692
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21989572
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想