エヴァ・ブラウンの日記 : ヒトラーとの8年の記録

アラン・バートレット 著 ; 深井照一 訳

エヴァが書き残した8年にわたる日記。そこには、恋人ヒトラーの隠された性的嗜好やコンプレックス、党幹部とその妻たちのスキャンダラスな私生活から、ナチス政策決定の舞台裏まで多岐にわたり記されていた。また、自身の妊娠、出産場所探しについても注意深く書き留められている。内容の真偽や発見された状況、託された人物の素性も含め、日記そのものの信憑性にも言及した詳細な解説付き。独裁者の素顔を知る、待望の日本初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 著者による解説(捏造疑惑否定の根拠
  • エヴァの決断
  • ヒトラーを取り巻いた女性たち
  • 日記の信頼性)
  • 第2部 エヴァ・ブラウンの日記

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エヴァ・ブラウンの日記 : ヒトラーとの8年の記録
著作者等 Bartlett, Alan
Braun, Eva
深井 照一
Bartlett Alan F.
バートレット アラン・F.
書名ヨミ エヴァ ブラウン ノ ニッキ : ヒトラー ト ノ 8ネン ノ キロク
書名別名 The diary of Eva Braun with the commentary
シリーズ名 学研M文庫
出版元 学習研究社
刊行年月 2002.4
ページ数 239p
大きさ 15cm
ISBN 4059011169
NCID BA57442181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20328593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想