ヒロシマ8月6日、少年の見た空

井上こみち 文 ; すがわらけいこ 絵

三重野杜夫は、1945(昭和20)年8月6日の朝に投下された原子爆弾により、12歳5か月の命を落としました。両親とふたりの姉は、1週間、広島の街のなかを必死で彼をさがし求めました。でも、杜夫を見つけ出すことはできませんでした。戦争は、たくさんの命をうばいました。未来のある子どもを失った家族の心の傷も消えることはありません。戦争さえなければ、原子爆弾の投下もなかったのです。これは、杜夫とその家族のかけがえのない日々と、愛しい者をうばわれた悲しみの記録です。命を失い、「平和を守って」という声を出すことのできなくなった人たちからのメッセージでもあります。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒロシマ8月6日、少年の見た空
著作者等 すがわら けいこ
井上 こみち
書名ヨミ ヒロシマ ハチガツ ムイカ ショウネン ノ ミタ ソラ : ジュウニサイ ゴカゲツ ノ センボツシャ : センソウ ノンフィクション モノガタリ
書名別名 12歳5か月の戦没者 : 戦争ノンフィクション物語

Hiroshima hachigatsu muika shonen no mita sora
出版元 学研教育 : 学研マーケティング
刊行年月 2015.5
ページ数 103p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-05-204096-2
NCID BB18707250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22563034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想