妖怪大談義 : 対談集

京極夏彦 著

各界の「怪しいものには一家言ある」御仁たち15人と語りに語った、京極夏彦初の対談集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 水木しげる-妖怪が深める師弟の絆
  • 養老孟司-脳化社会の妖怪たち
  • 中沢新一-ダンディな悪なる自然
  • 夢枕獏-闘う陰陽師作家、嗤う妖怪作家
  • アダム・カバット-江戸の妖怪キャラクター
  • 宮部みゆき-妖怪と心の闇をのぞく
  • 山田野理夫-妖怪と怪談の真髄
  • 大塚英志-民俗学は偽史だったのか?
  • 手塚真-妖怪を生み出す手法
  • 高田衛-偉大なる我らのエンタテインメント
  • 保阪正康-「妖怪」がわかれば「昭和」もわかる
  • 唐沢なをき-妖怪図鑑は、愛と勝負感できまる!
  • 小松和彦-妖怪学の現在
  • 西山克-怪異学とは何か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妖怪大談義 : 対談集
著作者等 京極 夏彦
書名ヨミ ヨウカイ ダイダンギ : タイダンシュウ
書名別名 Yokai daidangi
出版元 角川書店
刊行年月 2005.6
ページ数 418p
大きさ 19cm
ISBN 404883925X
NCID BA72620900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20811810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想