ネコバンがいちばん : ジロさんの早口巷談

平野次郎 著

愛しのネコバンに捧ぐ。国際派ジャーナリストがニュースの舞台裏、特派員時代の思い出、家族・愛猫との私生活を綴った軽妙なエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アンカーマン24時(あれから二十五年
  • コロシ文句の研究
  • 男が化粧を決意する時
  • 太郎さんの置きみやげ
  • 気になる言葉 ほか)
  • 第2章 ジュネーブの夢(春一番、風に酔う
  • 特派員かく戦えり
  • 五輪にみる国民性
  • スキー自慢
  • 遠い国、中国 ほか)
  • 第3章 ネコバン登場(杞憂
  • 三分間の静寂
  • プレミアのつく話
  • 狭い日本そんなに急いで
  • ネコバンとカラス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネコバンがいちばん : ジロさんの早口巷談
著作者等 平野 次郎
書名ヨミ ネコバン ガ イチバン
出版元 角川書店
刊行年月 1991.6
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 4048832816
NCID BA52066887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94033765
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想