RDGレッドデータガール : はじめてのお使い

荻原規子 著

山伏の修験場として世界遺産に認定される、玉倉神社に生まれ育った鈴原泉水子は、宮司を務める祖父と静かな二人暮らしを送っていたが、中学三年になった春、突然東京の高校進学を薦められる。しかも、父の友人で後見人の相楽雪政が、山伏として修業を積んできた自分の息子深行を、(下僕として)泉水子に一生付き添わせるという。しかし、それは泉水子も知らない、自分の生い立ちや家系に関わる大きな理由があったのだ。大人気作家荻原規子の書き下ろす新シリーズ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 RDGレッドデータガール : はじめてのお使い
著作者等 荻原 規子
書名ヨミ RDG レッド データ ガール : ハジメテ ノ オツカイ
書名別名 RDG reddo deta garu
シリーズ名 カドカワ銀のさじシリーズ
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.7
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-873849-1
NCID BA86572715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21457537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想