狼と香辛料  10

支倉凍砂 著

ケルーベでの騒動の後、ロレンスたちが向かったのは、海を渡った島国のウィンフィール王国。目的地は、『狼の骨』を持つというブロンデル大修道院だ。王国に着いたロレンスたちは、羊毛取引で富裕なはずの修道院が経済的危機に陥っていると耳にする。しかも、世界最強と名高い経済同盟・ルウィック同盟が、修道院の土地を狙って王国に進出してきたという。不穏な情勢の中、ロレンスたちは修道院へ近づく足がかりを作るため、同盟の一員である商人ピアスキーに協力を依頼することになるのだが-?絶好調の新感覚ファンタジー第10弾、舞台はウィンフィール王国へ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 狼と香辛料
著作者等 支倉 凍砂
文倉 十
書名ヨミ オオカミ ト コウシンリョウ
シリーズ名 電撃文庫 1721
巻冊次 10
出版元 アスキー・メディアワークス : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2009.2
ページ数 367p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-867522-2
NCID BA79705047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21541798
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想