北満州油田占領 : 覇者の戦塵

谷甲州 著

昭和6年、北満州。関東軍の密命を受けた満鉄技術員の南部は、飛雪すさぶ荒野で油田探査を続けていた。満州に巨大な油田がある-。謎の僧尽瞑の荒唐無稽とも思える主張を、満州国建国をめざす石原莞爾中佐が聞きつけた。それが発端だった。もし、大日本帝国が石油資源を確保すれば、列強の軍事バランスは一変する。関東軍は北満の軍事的制圧を目論むが、極秘のはずの試掘隊を中国軍が攻撃。激戦が始まった。その背後にソビエトの影が…。極東の曚野で列強の角逐が火花を散らす。現在の大慶油田を大日本帝国が発見していたら…。あり得たもう一つの歴史の幕が開く。戦略シミュレーション巨編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北満州油田占領 : 覇者の戦塵
著作者等 谷 甲州
書名ヨミ キタマンシュウ ユデン センリョウ
書名別名 Kitamanshu yuden senryo
シリーズ名 カドカワノベルズ
出版元 角川書店
刊行年月 1991.2
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 4047826014
NCID BA49281961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91028500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想