足利直義

森茂暁 著

室町幕府初代将軍足利尊氏の同母弟、足利直義。尊氏が恩賞給付権を握り、直義が内政権を握る「二頭政治」により幕府の基礎を築いた。しかし、法秩序を重んじる直義は、武家の急進派勢力との抗争により失脚、最期は兄に毒殺されたとも伝えられる。『太平記』の記述によりゆがめられてきた直義像を再検証。『夢中問答』の発問者として仏教に深い造詣を示し、仏法による理想の国家を創ろうとした稀有な武将の実像を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 直義登場
  • 第2章 二頭政治の時代
  • 第3章 観応の擾乱
  • 第4章 鎮魂と供養
  • 第5章 直義の精神世界
  • 第6章 『夢中問答』
  • 第7章 神護寺の足利直義像
  • 終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 足利直義
著作者等 森 茂暁
角川学芸出版
書名ヨミ アシカガ タダヨシ : アニ タカウジ トノ タイリツ ト リソウ コッカ コウソウ
書名別名 兄尊氏との対立と理想国家構想
シリーズ名 角川選書 554
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.2
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703554-6
NCID BB18210897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22545664
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想