渡来の古代史

上田正昭 著

日本の歴史を考える上で欠かせない、大陸から来た人びと。百済・加耶系の漢人、新羅系の秦人、高句麗系の高麗人などは、いつ、どのように登場し、どういった役割を果たしたのか-。彼らの入国を意味する「帰化」と「渡来」の語を明確に区分、古代史に風穴をあけた泰斗による、「渡来人と渡来文化」の集大成。近年の発掘調査の成果も踏まえ、古代国家形成にかかわる渡来を、東アジアという視点でダイナミックに提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 帰化と渡来と
  • 第1部 渡来人の諸相(日本版中華思想
  • 秦氏の活躍
  • 漢氏の行動
  • 高麗氏と船氏
  • 百済王氏の軌跡)
  • 第2部 渡来文化の諸相(文字の使用
  • 道教と役小角の宗教
  • 儒教と仏教
  • アメノヒボコの伝承
  • 壁画古墳と渡来の氏族)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渡来の古代史
著作者等 上田 正昭
書名ヨミ トライ ノ コダイシ : クニ ノ カタチ オ ツクッタ ノワ ダレ カ
書名別名 国のかたちをつくったのは誰か
シリーズ名 角川選書 526
出版元 角川学芸 : 角川グループホールディングス
刊行年月 2013.6
ページ数 261p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703526-3
NCID BB12829594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22270644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想