日露国境交渉史 : 北方領土返還への道

木村汎 著

江戸時代から始まり、紆余曲折をへて未だ解決をみない日本とロシアのあいだの国境問題。1992年に刊行され、2001年に補充された、日露両外務省共同作成による「領土問題の歴史に関する資料集」を軸に、北方領土問題についてのすべてを明らかにし、提言する名著の改訂・完全新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 領土紛争
  • 第1章 国境概念への目覚め
  • 第2章 北からの黒船-国境の画定
  • 第3章 武力による国境変更
  • 第4章 国交正常化へ
  • 第5章 高齢指導者の時代
  • 第6章 ゴルバチョフ時代
  • 第7章 エリツィン時代
  • 第8章 プーチン時代
  • 終章 ゴルディアスの結び目の解き方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日露国境交渉史 : 北方領土返還への道
著作者等 木村 汎
書名ヨミ ニチロ コッキョウ コウショウシ : ホッポウ リョウド ヘンカン エノ ミチ
書名別名 Nichiro kokkyo koshoshi
シリーズ名 角川選書 386
出版元 角川学芸 : 角川書店
刊行年月 2005.10
版表示 新版.
ページ数 356p
大きさ 19cm
ISBN 4047033863
NCID BA74067227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20923452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想