Gosick  2 (その罪は名もなき)

桜庭一樹 著

「"灰色狼の末裔"に告ぐ。近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する」不思議なその広告を見たヴィクトリカは夜、学園を抜けだし山間の小さな村にやってきた。時が止まったようなこの地で、またも起こった惨劇。それは、かつて彼女の母・コルデリアが巻き込まれた事件と呼応するかのように続いてゆく。そして、最後にヴィクトリカが見抜いた真実とは…!?直木賞作家がおくるダーク・ミステリ待望の第2巻登場。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Gosick
著作者等 桜庭 一樹
書名別名 Gosick

その罪は名もなき

Gosick
シリーズ名 角川文庫 15987
巻冊次 2 (その罪は名もなき)
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2009.11
ページ数 380p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-428107-6
NCID BB00425317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21687091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想