巷説百物語  続

京極夏彦 著

無類の不思議話好きの山岡百介は、殺しても殺しても生き返るという極悪人の噂を聞く。その男は、斬首される度に蘇り、今、三度目のお仕置きを受けたというのだ。ふとした好奇心から、男の生首が晒されている刑場へ出かけた百介は、山猫廻しのおぎんと出会う。おぎんは、生首を見つめ、「まだ生きるつもりかえ」とつぶやくのだが…。狐者異、野鉄砲、飛縁魔-闇にびっしり蔓延る愚かで哀しい人間の悪業は、奴らの妖怪からくりで裁くほかない-。小悪党・御行の又市一味の仕掛けがますます冴え渡る、奇想と哀切のあやかし絵巻、第二弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巷説百物語
著作者等 京極 夏彦
書名ヨミ コウセツ ヒャク モノガタリ
書名別名 Kosetsu hyaku monogatari
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 2005.2
ページ数 765p
大きさ 15cm
ISBN 4043620039
NCID BA62696961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20749984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想