天の瞳  最終話

灰谷健次郎 著

校内で暴力沙汰がおきて、その対応に悩む倫太郎とその仲間たち。医者である青ポンの祖父に導かれ、自分を見つめる勇気、劣等感の本性に気づき始める…。著者の没後に見つかったライフワーク『天の瞳』の最終話。大阪のささやかな居酒屋を舞台に、弱き庶民たちがこころを通わせる現代人情物語。本物の味、愛の教え、人のつながりとはなにか。著者の願いが込められた最後の新聞小説。2作品とも未完である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天の瞳
著作者等 灰谷 健次郎
書名ヨミ テン ノ ヒトミ
シリーズ名 角川文庫 15798
巻冊次 最終話
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2009.7
ページ数 318p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-352037-4
NCID BA45188319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21640398
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想