雨の日には雨の中を風の日には風の中を

相田みつを 著

「雨の日には雨の中を 風の日には風の中を」これは、数々の言葉を遺した相田みつをが、その生涯でもっとも大切にした言葉です。カンカン照りの日でも、大嵐の日でも、あるがままに歩み続けていけばいい-。太い幹のように彼の強い信念を支えたこの言葉は、未曾有の大不況下に生きるわたしたちの心をそっとあたため、光を放つ道しるべとなってくれることでしょう。大ベストセラー作品集、待望の文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 雨の日には
  • 生きていてよかった
  • いいですか
  • たね
  • 水にぬれなければ
  • 遠くからみている
  • そっとしておく
  • 欠点
  • 無為不待〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雨の日には雨の中を風の日には風の中を
著作者等 相田 みつを
書名ヨミ アメ ノ ヒ ニワ アメ ノ ナカ オ カゼ ノ ヒ ニワ カゼ ノ ナカ オ
書名別名 雨の日には…
シリーズ名 角川文庫 15747
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2009.7
ページ数 125p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-344808-1
NCID BA90886943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21640189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想