生きていてよかった

相田みつを 著

人間の弱さも哀しみも受け入れ、心の奥底にひそむ真実を見つめ続けた相田みつを。生きるために、本当に大切なものは何なのか、裸の心で語りかけた魂の書。「いちばん書きたかったことが、いちばん自由に書けた」と著者自身がのちに語った渾身のメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 捨てる
  • べんかいしながら日がくれる
  • 男は
  • うそ
  • 感動いっぱい
  • 出逢い
  • 懸命
  • 藕糸(蓬根の糸)
  • K君へ
  • このわたし〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きていてよかった
著作者等 相田 みつを
書名ヨミ イキテイテ ヨカッタ
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 2003.6
ページ数 190p
大きさ 15cm
ISBN 4043448058
NCID BA62693340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20424944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想