アンネ・フランクの記憶

小川洋子 著

十代のはじめ『アンネの日記』によって言葉が自分を表現することに心ゆさぶられ、作家への道を志した小川洋子が、長年の感慨をこめてアンネの足跡をたどる旅に出た。命がけで物資を運びフランク家の隠れ家生活を気丈に支えたミープさんや無二の親友ジャクリーヌさんら老齢の今も美しく、真の魅力を放つ女性たちと語り、生家→隠れ家→アウシュヴィッツへとたずねていく-。アンネの心の内側にふれ、極限におかれた人間の、葛藤、尊厳、信頼、愛の形を浮き彫りにした感動のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出発
  • アンネ・フランク・ハウス
  • ミープ・ヒース
  • フランクフルトへ
  • ポーランド
  • アウシュヴィッツ
  • ウィーン
  • 二人のユダヤ人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンネ・フランクの記憶
著作者等 小川 洋子
書名ヨミ アンネ フランク ノ キオク
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1998.11
ページ数 269p
大きさ 15cm
ISBN 4043410034
NCID BA42127577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99038560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想