青の炎

貴志祐介 著

櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。母が十年前、再婚しすぐに別れた男、曾根だった。曾根は秀一の家に居座って傍若無人に振る舞い、母の体のみならず妹にまで手を出そうとしていた。警察も法律も家族の幸せを取り返してはくれないことを知った秀一は決意する。自らの手で曾根を葬り去ることを…。完全犯罪に挑む少年の孤独な戦い。その哀切な心象風景を精妙な筆致で描き上げた、日本ミステリー史に残る感動の名作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青の炎
著作者等 貴志 祐介
書名ヨミ アオ ノ ホノオ
書名別名 Ao no honoo
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 2002.10
ページ数 495p
大きさ 15cm
ISBN 4041979064
NCID BA59436190
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20337759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想