海のある奈良に死す

有栖川有栖 著

半年がかりで書き上げた長編が、やっと見本になった!推理作家・有栖川有栖は、この一瞬を味わう為にわざわざ大阪から東京へやってきたのだ。珀友社の会議室で見本を手に喜びに浸っていると、同業者の赤星学が大きなバックを肩に現れた。久しぶりの再会で雑談に花を咲かせた後、赤星は会議室を後にした。「行ってくる。『海のある奈良』へ」と言い残して…。翌日、福井の古都・小浜で赤星が死体で発見された。赤星と最後に話した関係者として、有栖は友人・火村英生と共に調査を開始するが-!?複雑に絡まった糸を、大胆にロジカルに解きほぐす本格推理。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海のある奈良に死す
著作者等 有栖川 有栖
書名ヨミ ウミ ノ アル ナラ ニ シス
書名別名 Umi no aru nara ni shisu
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1998.5
ページ数 402p
大きさ 15cm
ISBN 4041913020
NCID BA4232890X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98076516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想