奇跡の島

鷺沢萠 文 ; 稲越功一 写真

あれからどれくらいの時間が流れたのだろう。それを数えるのをやめてから、どれくらいの時間が流れたのだろう。沈みゆく太陽、消えない記憶。-この風景を忘れないでいような、真理子。あの人はそう言った。そうしてほんとうに、あの太陽は自分にとって忘れ得ないものになった。奇跡は決して起こらないから、奇跡なのだ-。鷺沢萠の小説と稲越功一の写真が織りなす愛と死の永遠の物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奇跡の島
著作者等 稲越 功一
鷺沢 萠
書名ヨミ キセキ ノ シマ
書名別名 Kiseki no shima
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 2001.2
ページ数 125p
大きさ 15cm
ISBN 4041853079
NCID BA51689476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20133281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想