日本探見二泊三日

宮脇俊三 著

遠くへ行くばかりが旅ではない、遠近に関係なく「旅」は可能だ-。国内の鉄道路線を乗りこなし、世界の鉄道を旅した著者が、二泊三日ほどの日程で、おおげさな気負いもなく、ふるさと日本「探見」の旅に出かけた先は…。団体客が押し寄せるような有名観光地ではなく、訪れる人はその数十分の一、まだ荒らされずに日本のよさが残り、しみじみと静かな旅にひたることができる、そんな土地の数々。熊野古道、親不知、日豊海岸の浦浦、南淡路、五島列島、名張、お遍路の道、ちほく高原鉄道など、旅本来のもつ味わいに充ちた日本ふるさと紀行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 雨の熊野古道を拝む
  • 親不知の険から山姥の里へ
  • 豊後水道と日豊海岸の浦々
  • 秋田の「かまくら」いろいろ:南淡路の明暗
  • 阿武隈山地は三春と霊山
  • 三泊四日の五島列島
  • 名張今昔
  • 鵜飼と南無阿弥陀仏
  • 四国お遍路やぶにらみ
  • マツタケと石の蛭川村
  • 五能線の秘境下車
  • 北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本探見二泊三日
著作者等 宮脇 俊三
書名ヨミ ニホン タンケン ニハク ミッカ
書名別名 Nihon tanken nihaku mikka
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1994.3
ページ数 231p
大きさ 15cm
ISBN 4041598079
NCID BN10907046
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94036148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想