海と毒薬

遠藤周作 著

腕は確かだが、無愛想で一風変わった中年の町医者、勝呂。彼には、大学病院の研究生時代、外国人捕虜の生体解剖実験に関わった、忌まわしい過去があった。病院内での権力闘争と戦争を口実に、生きたままの人間を解剖したのだ。この前代未聞の事件を起こした人々の苦悩を淡淡と綴った本書は、あらためて人間の罪責意識を深く、鮮烈に問いかける衝撃の名作である。解説のほか、本書の内容がすぐにわかる「あらすじ」つき。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海と毒薬
著作者等 遠藤 周作
書名ヨミ ウミ ト ドクヤク
書名別名 Umi to dokuyaku
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 2004.6
版表示 改版.
ページ数 186p
大きさ 15cm
ISBN 4041245257
NCID BA69820898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20724356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想