観察眼

遠藤保仁, 今野泰幸 著

今野が言う遠藤の「メッセージ付きのパス」とは?「流れを読む感覚」をいかに身につけるか。ミスプレーの一つ前のシーンを考える。遠藤がダッシュなしに最長距離を走れている理由。バックパスの有効性をもっと理解してほしい。「あの試合」で二人がそれぞれ考えていたこと。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 今野泰幸の「観察眼」(FWで始まったサッカー人生
  • ストッパーとして評価された高校2年
  • もう一段階レベルアップのためのボランチへのコンバート ほか)
  • 第2部 それぞれの「観察眼」(対談 日本サッカーを「観察」する
  • あの試合で二人は何を考えていたのか?)
  • 第3部 遠藤保仁の「観察眼」(ミスをした選手にどう対処するのか
  • 言われて気づくよりも自分で気づく選手になることが重要
  • ミスプレーの一つ前のシーンを考える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観察眼
著作者等 今野 泰幸
遠藤 保仁
書名ヨミ カンサツガン
書名別名 Kansatsugan
シリーズ名 角川oneテーマ21 A-149
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2012.1
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-110110-0
NCID BB07846517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22038415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想