人間失格 桜桃

太宰治 著太宰治 著

「恥の多い生涯を送って来ました。自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです」青森の大地主の息子であり、廃人同様のモルヒネ中毒患者だった大庭葉蔵の手記を借りて、自己の生涯を壮絶な作品に昇華させた太宰文学の代表作品。「いまは自分には、幸福も不幸もありません。ただ、一さいは過ぎて行きます」ほかに、家族の幸福を願いながら、自らの手で崩壊させる苦悩を描いた「桜桃」も収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間失格 桜桃
著作者等 太宰 治
書名ヨミ ニンゲン シッカク. オウトウ
書名別名 Ningen shikkaku. Oto
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2007.6
版表示 改版.
ページ数 196p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-109912-4
NCID BA31200970
BA34714872
BA82436952
BB18898523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21330197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
人間失格 太宰 治
桜桃 太宰 治
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想