バベル九朔

万城目学 著

作家志望の「夢」を抱き、雑居ビル「バベル九朔」の管理人を務めている俺の前に、ある日、全身黒ずくめの「カラス女」が現れ問うてきた…「扉は、どこ?バベルは壊れかけている」。巨大ネズミの徘徊、空き巣事件発生、店子の家賃滞納、小説新人賞への挑戦-心が安まる暇もない俺がうっかり触れた一枚の絵。その瞬間、俺はなぜか湖にいた。そこで出会った少女から、「鍵」を受け取った俺の前に-雲をも貫く、巨大な塔が現れた。著者初の自伝的?青春エンタメ!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バベル九朔
著作者等 万城目 学
書名ヨミ バベル キュウサク
書名別名 Baberu kyusaku
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2016.3
ページ数 430p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-103464-4
NCID BB20894070
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22715057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想