過ぎ去りし王国の城

宮部みゆき 著

早々に進学先も決まった中学三年の二月、ひょんなことからヨーロッパの古城のデッサンを拾った尾垣真。やがて絵の中にアバター(分身)を描きこむことで、自分もその世界に入りこめることを突き止める。友だちの少ない真は、同じくハブられ女子で美術部員の珠美にアバターを依頼、ともに冒険するうち、パクさんという大人と出会い、塔の中にひとりの少女が閉じこめられていることを発見する。それが十年前のとある失踪事件に関連していることを知った三人は、ある計画を立てる…。「今」を引き受けて必死に生きるすべての人へ-心にしみこむ祈りの物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 過ぎ去りし王国の城
著作者等 宮部 みゆき
書名ヨミ スギサリシ オウコク ノ シロ
書名別名 The Castle of Kingdom Gone

Sugisarishi okoku no shiro
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.4
ページ数 397p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-102836-0
NCID BB18517051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22570027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想