大泉エッセイ

大泉洋 [著]

大泉洋が大学在学中の1997年から雑誌連載で綴ってきた幻の原稿108編と、40歳になった自身を振り返りつつ執筆した4編を一挙収録した大人気エッセイ集。文庫版では「家族」をテーマに大量書き下ろし、装画を手掛けたあだち充との対談も追加収録。「水曜どうでしょう」裏話や「大泉洋の在り方」についての独白など、「大泉洋が喋っているよう」と評された"饒舌なエッセイ"は爆笑必至、そして胸が熱くなる大泉ワールド全開の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1997‐2001 洋ちゃんのシャイなあんちきしょう(広辞苑
  • かーっちょわりー ほか)
  • 2000‐2005 大泉洋のワガママ絵日記(大泉家は大フィーバー
  • 関西一人旅 ほか)
  • 2004‐2005 俺の大地(千歳空港での決意
  • 機内放送の愉悦 ほか)
  • 2013 大泉洋、40歳、書き下ろし(『水曜どうでしょう』について
  • TEAM NACSの奇跡 ほか)
  • 2015 文庫版書き下ろし(初めて書く「あの日」の話)
  • 特別収録 あだち充×大泉洋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大泉エッセイ
著作者等 大泉 洋
書名ヨミ オオイズミ エッセイ : ボク ガ ツズッタ ジュウロクネン
書名別名 僕が綴った16年
シリーズ名 角川文庫 お71-1
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.4
ページ数 397p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-102610-6
NCID BB18645164
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22563178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想