散り椿

葉室麟 [著]

かつて一刀流道場の四天王と謳われた勘定方の瓜生新兵衛は、上役の不正を訴え藩を追われた。18年後、妻・篠と死に別れて帰藩した新兵衛が目の当たりにしたのは、藩主代替わりに伴う側用人と家老の対立と藩内に隠された秘密だった。散る椿は、残る椿があると思えばこそ、見事に散っていけるもの-たとえこの世を去ろうとも、ひとの想いは深く生き続ける。秘めた想いを胸に、誠実に生きようと葛藤する人々を描いた感動長編!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 散り椿
著作者等 葉室 麟
書名ヨミ チリツバキ
シリーズ名 角川文庫 時-は42-4
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2014.12
ページ数 422p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-102311-2
NCID BB17763380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22516934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想