南の子供が夜いくところ

恒川光太郎 著

からくも一家心中の運命から逃れた少年・タカシ。辿りついた南の島は、不思議で満ちあふれていた。野原で半分植物のような姿になってまどろみつづける元海賊。果実のような頭部を持つ人間が住む町。十字路にたつピンクの廟に祀られた魔神に、呪われた少年。魔法が当たり前に存在する土地でタカシが目にしたものは-。時間と空間を軽々と飛び越え、変幻自在の文体で語られる色鮮やかな悪夢の世界。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南の子供が夜いくところ
著作者等 恒川 光太郎
書名ヨミ ミナミ ノ コドモ ガ ヨル イク トコロ
書名別名 Minami no kodomo ga yoru iku tokoro
シリーズ名 角川ホラー文庫 Hつ1-4
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2013.2
ページ数 283p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-100712-9
NCID BB13927737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22211389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想