新十津川物語  5 (朝焼けのピンネシリ)

川村たかし 著

フキは知人の保証人になったため、長年の苦労の末に得た田畑を失った。長女のあやは結婚して、3人の子を設けた。長男の庄作は東京で就職し、次男の豊彦は一高に進学する。大正12年9月、関東大震災がおこり、子の安否を気遣うフキは、混乱の東京へと向かった。壮大なスケールで描く北海道開拓史、第5巻。産経児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞、路傍の石文学賞受賞。中学以上向。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新十津川物語
著作者等 川村 たかし
鴇田 幹
書名ヨミ シントツカワ モノガタリ
書名別名 朝焼けのピンネシリ

Shintotsukawa monogatari
シリーズ名 偕成社文庫
巻冊次 5 (朝焼けのピンネシリ)
出版元 偕成社
刊行年月 1992.5
ページ数 291p
大きさ 18cm
ISBN 4038507408
NCID BA42086957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92044169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想