脳から身体(からだ)を治す

久賀谷亮 著

慢性の痛み、うつ、疲労、だる重、認知症…。明らかな問題が見つからないにもかかわらず、なかなか改善しない症状の多くに、脳が関わっていることがわかってきた。日米で25年以上のキャリアをもつ医師が、「脳から健康になる」メカニズムを解説。さらに、普段から一人で取り組める「バランス脳の作り方」についても紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 悪いのは身体ではなく"脳"だった
  • 第2章 いま世界が注目する「脳を整える」方法
  • 第3章 常識を変えた「先端医療」とは
  • 第4章 脳から不調を治す
  • 第5章 「バランス脳」をつくる習慣
  • 第6章 一人でできる「脳の育て方」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳から身体(からだ)を治す
著作者等 久賀谷 亮
書名ヨミ ノウ カラ カラダ オ ナオス : セカイ ノ エリート ワ シッテ イル サイコウ ノ ケンコウホウ
書名別名 脳から身体を治す

世界のエリートは知っている最高の健康法

No kara karada o naosu
シリーズ名 朝日新書 656
出版元 朝日新聞
刊行年月 2018.2
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273756-4
NCID BB25611195
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23019267
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想