通貨戦国時代 : 円高が続く本当の理由

小口幸伸 著

リーマン・ショック後の通貨安競争を経て、世界は「通貨戦国時代」に入った。人民元をめぐる米中の闘い、相対的に安全だとして円に「避難」してくる国際マネー…。ドル本位体制の行方は?最終的に円は勝てるか?伝説のカリスマ・ディーラーが通貨を論じ尽くす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界通貨戦争が起きている
  • 2 通貨戦争の背景
  • 3 通貨戦争の兵器と威力
  • 4 チキンゲーム
  • 5 通貨戦争の中の円
  • 6 通貨戦争の法則
  • 7 円はどうなるか
  • 8 世界はどこへ行くのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通貨戦国時代 : 円高が続く本当の理由
著作者等 小口 幸伸
書名ヨミ ツウカ センゴク ジダイ : エンダカ ガ ツズク ホントウ ノ リユウ
書名別名 Tsuka sengoku jidai
シリーズ名 朝日新書 305
出版元 朝日新聞
刊行年月 2011.7
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273405-1
NCID BB06233294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21959451
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想