劇的言語

鈴木忠志, 中村雄二郎 著

70年代の新たな演劇運動のうねりの中、演劇を言語論・身体論との関わりから根源的に捉え直し、卓越した知的冒険の書として時代を画した対話集。単行本から25年の時を経て、言葉と演劇の有り様を改めて問う新対話「『劇的言語』の現在」を加えた増補決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 主章1 身体空間
  • 間の章1 コロスとヒーロー-一つの演劇史
  • 主章2 体内言語
  • 間の章2 躯の感覚を活性化する空間-早稲田小劇場の富山での実験
  • 主章3 劇的構造
  • 新対話 「劇的言語」の現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 劇的言語
著作者等 中村 雄二郎
鈴木 忠志
書名ヨミ ゲキテキ ゲンゴ
シリーズ名 朝日文庫
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1999.2
版表示 増補版
ページ数 293p
大きさ 15cm
ISBN 4022641827
NCID BA40447056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99046648
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想