アトランティスが滅んだ日

金子史朗 著

哲学者プラトンの作品に登場する伝説の大陸アトランティス。地上の楽園として繁栄していたが、大地震と洪水で、一夜にして大西洋の海底に沈んだとされる。はたして実在したのか?その場所は?滅亡の真相は?構造地形学の研究者が、膨大な文献と最新の研究をもとにその謎を徹底解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ロマンはふたたび
  • 2 青海原のかなたの楽園
  • 3 アトランティスはどこか
  • 4 ミノア海洋帝国の栄華
  • 5 大異変に襲われて…
  • 6 アトランティスを追いかけた男
  • 7 サントリーニ火山を探る
  • 8 カタストロフィ伝承の背景
  • 9 アトランティス物語の真実と虚構

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アトランティスが滅んだ日
著作者等 金子 史朗
書名ヨミ アトランティス ガ ホロンダ ヒ
シリーズ名 朝日文庫
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1993.10
ページ数 341p
大きさ 15cm
ISBN 4022607874
NCID BN12183264
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94005191
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想