チャールズ・ダーウィン

ピーター・J.ボウラー 著 ; 横山輝雄 訳

ダーウィンは生前、進化論の生みの親として讃えられたのではない。同時代人の評価は、現在とは驚くほど異なっている。神話の中から、この100年のダーウィン像の移り変わりを掘り起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ダーウィン解釈をめぐる諸問題
  • 第2章 『種の起原』以前の進化論
  • 第3章 ダーウィンの青年時代
  • 第4章 ビーグル号の航海
  • 第5章 決定的な年月-ロンドンでの一八三七年から一八四二年
  • 第6章 発展期
  • 第7章 学説の公表
  • 第8章 ダーウィニズムの出現
  • 第9章 ダーウィニズムに反対した人々
  • 第10章 人間の起原
  • 第11章 ダーウィンと現代世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チャールズ・ダーウィン
著作者等 Bowler, Peter J
Bowler, Peter J.
横山 輝雄
ボウラー ピーター・J.
書名ヨミ チャールズ ダーウィン
書名別名 Charles Darwin

生涯・学説・その影響

Charuzu dauin
シリーズ名 朝日選書 571
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1997.2
ページ数 301, 19p
大きさ 19cm
ISBN 4022596716
NCID BN15981385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97054698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想