スペイン戦争 : ジャック白井と国際旅団

川成洋 著

第2次大戦の序章、スペイン戦争-ファシズムと対決するため、各国から労働者が義勇兵として参戦した。そのなかに1人の日本人がいた。米リンカン大隊員として散ったジャック白井とは何者か?北海道、ニューヨーク、そしてスペインと、その足跡を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ジャック白井の履歴書
  • 函館時代の白井像
  • 函館からニューヨークへ
  • ニューヨークの日々
  • スペインを救え!
  • 静かなる決意
  • 出征前夜
  • マドリード防衛と国際旅団の決起
  • 午後3時出発
  • フランスに上陸
  • ビバ・ラ・レボルシオン
  • 訓練基地アルバセーテ
  • ビリャヌエバ・デ・ラ・ハラ村
  • ハラマ川の初陣
  • 別のアメリカ人大隊
  • 束の間の休暇
  • ハラマの戦闘からブルネテの戦闘へ
  • 六カ月の兵役と思ったのに…
  • ブルネテの戦闘-ジャック白井の戦死
  • フランコ軍の大反攻
  • 国際旅団の解散
  • 共和国の敗北と亡命
  • 帰還とその後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スペイン戦争 : ジャック白井と国際旅団
著作者等 川成 洋
書名ヨミ スペイン センソウ
書名別名 Supein senso
シリーズ名 朝日選書 371
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1989.2
ページ数 267p
大きさ 19cm
ISBN 4022594713
NCID BN03210060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89023903
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想