エロスと神と収容所 : エティの日記

エティ・ヒレスム 著 ; 大社淑子 訳

人生は美しく、意味がある。1941-43年ナチ占領下、アムステルダムにて。死の脅威の下で神を求め愛に憧れたユダヤ人女性エティ・ヒレスムは、歴史的苦難の渦中で生の肯定にいたる。アウシュヴィッツに消えた稀有な魂の記録が40年を経て甦り、欧米各国に大反響を呼ぶ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エロスと神と収容所 : エティの日記
著作者等 Hillesum, Etty
大社 淑子
ヒレスム エティ
書名ヨミ エロス ト カミ ト シュウヨウジョ
書名別名 Etty:a diary 1941~43
シリーズ名 朝日選書 298
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1986.2
ページ数 392p
大きさ 19cm
ISBN 4022593989
NCID BN01285058
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86026923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想