思想の折り返し点で

久野収, 鶴見俊輔 著

[目次]

  • 1 思想の折り返し点で(リベラリズムの系譜と不在
  • 歴史悪をめぐって-イデオロギーと権力
  • 戦後日本-共有すること・受け継ぐこと
  • 自分はどこに石を置くか-考える力と生きる力
  • 個人的・市民的不服従の水脈)
  • 2 根に向かう精神(自浄作用としてのペレストロイカ
  • 異議申し立て、そして文体について
  • 「社会主義」の源流-ライフスタイルが中心なのだ
  • 日露戦争以後、原理・原則が落っこちる-いまは「手続き」問題ばかり
  • 「まともさ」の感覚について
  • 未来について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想の折り返し点で
著作者等 久野 収
鶴見 俊輔
書名ヨミ シソウ ノ オリカエシテン デ
書名別名 Shiso no orikaeshiten de
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1990.12
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 4022562218
NCID BN05818526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91017643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想