獄中記

佐藤優 著

微罪容疑によって逮捕、接見禁止のまま五一二日間勾留された異能の外交官は、拘置所のカフカ的不条理の中で、いかなる思索を紡いでいたのか。哲学的・神学的問いを通して難題に取り組んだ獄中ノート六二冊。文庫版書き下ろしの新稿では小沢氏秘書問題を独自分析。また、独房の「所内生活の心得」を初公開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 塀の中に落ちて-二〇〇二年五月二〇日(七日目)から七月二八日(七六日目)まで
  • 第2章 公判開始-七月二九日(七七日目)から九月二七日(一三七日目)まで
  • 第3章 獄舎から見た国家-九月二八日(一三八日目)から一二月三一日(二三二日目)まで
  • 第4章 塀の中の日常-二〇〇三年一月一日(二三三日目)から六月一五日(三九八日目)まで
  • 第5章 神と人間をめぐる思索-六月一八日(四〇一日目)から八月二八日(四七二日目)まで
  • 第6章 出獄まで-八月二九日(四七三日目)から一〇月九日(出獄後一日目)まで
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 獄中記
著作者等 佐藤 優
書名ヨミ ゴクチュウキ
書名別名 Gokuchuki
シリーズ名 岩波現代文庫 S184
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.4
ページ数 599, 8p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603184-8
NCID BA89732625
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21594344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想