演劇のことば

平田オリザ 著

日本の現代演劇をリードする著者が、演劇での言語と身体表現との関わり、小説、詩歌とも違う演劇特有の言葉の問題に向かい合い、演劇の言葉の可能性を探る。演劇で発せられる言葉(台詞)とは、どうあるべきかという難問と闘ってきた劇作家、演出家の苦闘を、明治初期の西洋演劇の受容期から、戦後の三島由紀夫にいたるまで、実作者の立場から観た近代日本演劇史として自在に語る。"ことば"とは何かを考えるための一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 あまり主旨と関係のないまえがき
  • 第1章 近代演劇前史
  • 第2章 近代演劇の成立
  • 第3章 築地小劇場の誕生
  • 第4章 築地以降
  • 第5章 戦時下の演劇状況
  • 第6章 演劇のことば
  • 終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演劇のことば
著作者等 平田 オリザ
書名ヨミ エンゲキ ノ コトバ
シリーズ名 文芸 241
岩波現代文庫 241
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.6
ページ数 189p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602241-9
NCID BB15830272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22435831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想